コンプライアンス

コンプライアンス基本方針

オネストは、情報技術市場のプレーヤーとしてすぐれた開発能力を提供すると同時に、社会貢献・お客様からの信頼・社員の相互理解と尊重を実現してゆくためには、コンプライアンス態勢の確立が必要不可欠であると考えます。

お客様をはじめ当社に関わる方々と社員を守り、公正・健全な企業活動を担保するため、社会規範及び法令・諸規則等を確実に遵守する取り組みを進めてまいります。

  1. 社会規範及び法令等を遵守します。
  2. あらゆる方面から信頼をいただく企業となるため、コンプライアンスプログラムを確立し、活動を推進します。
  3. コンプライアンス活動の浸透・維持のために、全社員の教育啓発を進めます。
  4. コンプライアンス活動の状況を把握し取り組みに反映するため、定期的な検証を実施します。
  5. 当社のパートナーに対しても、社会規範及び法令等の遵守のための活動を奨励します。

コンプライアンス体制

2008年5月より、経営企画管理部内にコンプライアンス推進プロジェクトを設置しました。これを中心として、各部・課に実践担当を選任して取り組みを進めていきます。

個人情報の取扱いについて

社内に保有する個人情報ならびに業務上において取扱う個人情報について、それらを安全に保管し、本人の意志を尊重して利用することは重要課題と認識します。

  1. 法令等の遵守
    個人情報保護に関する諸法令、省庁のガイドラインに従います。
  2. 個人情報の取得
    利用目的、利用範囲、その他必要な情報を明示し、同意を得た上で、最小限の範囲を取得します。
  3. 個人情報の利用
    取得時に同意した範囲内でのみ個人情報を取り扱います。
    ただし、あらかじめ本人に同意を得た場合、あるいは法令により認められた場合はこの限りではありません。
  4. 個人情報の第三者への提供
    本人の同意を得ることなく、第三者へ個人情報を提供することはありません。
    ただし、法令により認められた場合はこの限りではありません。
  5. 安全管理
    個人情報を利用目的の範囲内で正確・最新の状態に保つよう努め、不正アクセス、改謬、滅失、毀損を防ぐため、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
  6. ご意見等への対応
    個人情報の開示・訂正・利用停止・消去その他を求められた場合、法令の規定に基づき、適切に対応いたします。
  7. 態勢の継続的改善
    安全管理体制、内部規定の整備、役員および社員の教育等の、継続的な改善に努めます。