当社社長が現役早大生に研修を実施

2017年9月14日

○目的
 早稲田大学では、地域や社会の発展に貢献する、叡智、実行力、志を備えたグローバルリーダーを育成することを目指し、学生が積極的にキャンパスの外に出て、地域社会との関わりを通じ気づきを得ていく『社会連携教育』を推奨しています。『校友連携プログラム』では交流を図ることで、自らの気づき及び学びの動機を得ることを目的としています。
○対象学生 
 早稲田大学で早大出身の当社社長に会いたい学生を公募し選抜された3名。
 旅費、宿泊費等は自費で参加します。
○訪問の狙い
 在学中から地域で活躍する早大出身の先輩のみなさんとの交流の場を得ることで、地域の現実・課題を深く知り、大学で学んだことを活かし地元に戻って活躍する道筋になることを狙いとします。
○内容
当社社長を講師に「なぜ自社商品を作ったか!」という講座をおこない、学生達は社長の講座に聞き入り、社長の熱い思いやビジョン、夢に触れ、人生に迫りました。この社長講座を通し自分と異なる多様な価値観を学び、理解を深めていきました。
最終日にオネスト本社に集合し今回の早稲田大学校友連携プログラムの研修レポート作成を行い、振り返り会を実施しました。 
参加した学生たちからは、「地域で活躍する社長に実際に訪れて接したことで自分には無いものの気づきや学びを多く得ることができ、大変有意義な4日間でした。ありがとうございました」などの声が聞かれました。

集合写真